2010年03月18日

割引郵便制度悪用 守田被告2審も有罪、大阪高裁(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度を悪用し、郵便料金約19億8千万円の支払いを免れたとして、郵便法違反などの罪に問われた障害者団体「白山会」会長、守田義國被告(70)の控訴審判決公判が17日、大阪高裁であった。湯川哲嗣裁判長は、懲役1年、執行猶予3年、罰金3240万円(求刑懲役1年、罰金3240万円)とした1審判決を破棄し、懲役1年、執行猶予3年、罰金3210万円を言い渡した。

 湯川裁判長は判決理由で、「同一の機会における犯行はすべて包括一罪にすべきだ」と指摘。「一部を併合罪とした1審判決には法令適用の誤りがある」と述べて罰金を減額した。

 判決によると、守田被告は平成18〜20年、団体の定期刊行物に大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)などのパンフレットを同封したダイレクトメールを発送するなどした。

【関連記事】
石井議員、口利き「全くない」意表突かれる場面も
民主議員が郵便制度悪用事件報道で朝日新聞社を訴える
障害者団体「白山会」会長に有罪判決 郵便不正事件
郵便不正 障害者団体会長に懲役1年を求刑
東京都でも証明書偽造か 「凛の会」関係団体がDM
20年後、日本はありますか?

パラマウントの介護ベッド事故は製品起因の疑い―消費者庁が注意喚起(医療介護CBニュース)
東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)
<郵便不正転送>AKB48被害受け確認書でチェック(毎日新聞)
<伊方原発>弁に異常 30日予定の通常運転再開に影響なし(毎日新聞)
鳩山首相「物質の本質はゆらぎ」 ゆらぐ政治姿勢を正当化?(産経新聞)
posted by のんだめよしこ at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。