2010年02月16日

元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)

 強盗致傷や窃盗など8件の事件で起訴された元プロボクサー、トーレス・マルティネス・健文被告(22)について、大阪地裁は事件を分割して審理することを決めた。

 「区分審理」と呼ばれ、19日からの公判で強盗や窃盗など裁判員裁判対象外の7事件について裁判官が有罪か無罪かを判断し、4月に行われる裁判員裁判で強盗致傷罪と合わせて量刑を決める。

 区分審理は裁判員裁判導入後、初ケースとみられる。トーレス被告は昨年5月、大阪市内でタクシー運転手を殴って1万7000円を奪ったとされる強盗致傷罪のほか、置き引き、コンビニ強盗などの事件でも起訴されている。

<殺人>石巻2人刺殺事件 静かな港町の住宅街に衝撃(毎日新聞)
マータイさん 来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定(毎日新聞)
足利事件 検察側が無罪論告 菅家さんに謝罪(毎日新聞)
民主の消費税議論「公約破綻を自白」谷垣氏批判(読売新聞)
ドラムブレーキ点検せず=いすゞ系検査員11人送検−神奈川県警(時事通信)
posted by のんだめよしこ at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。