2010年01月21日

日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書−新聞協会など(時事通信)

 著作物の利用を著作権者の許可なく認める範囲を定める一般規定「日本版フェアユース」の導入について検討している文化審議会法制問題小委員会に対し、日本新聞協会や日本雑誌協会など6団体は20日、導入に反対する意見書を提出した。
 意見書は、新聞社などが無償でインターネットに公開しているウェブページの情報について、フェアユースが導入され、私的使用の範囲を超えて印刷することなどが可能になると、新聞社などは情報を絞り込んで提供するようになり、有用で貴重な情報が無料ページから消えていく恐れがあると指摘。ネットによる情報伝達文化の衰退につながるなどとしている。 

【関連ニュース】
「真実の言葉と文字を紡ぐ」=新聞大会が開幕
政治報道で討論会=来月21日、東京で
新聞は 地球の今が 見える窓=新聞週間標語を決定

<落とし物>「魔が差した」交番巡査19万円横領容疑(毎日新聞)
<消費者被害>行政処分執行、都道府県でばらつき(毎日新聞)
シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
対北制裁解除「認めず」 日韓外相が一致(産経新聞)
自宅でタンチョウ観察…15日朝からネット中継(読売新聞)
posted by のんだめよしこ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。