2010年05月18日

被災地支援に一括交付金=制度化へ調整―中井防災相(時事通信)

 中井洽防災担当相は15日、大災害の被災地への国からの財政支援について「一括交付金みたいな発想で、現地の知事、首長に(支出の)優先順位は決めてくださいという制度をつくるべきだ。政権内を説得している」と述べ、自治体が使途を決められる交付金の制度化に向け、政府内で調整していることを明らかにした。都内での地域防災に関するシンポジウムで発言した。
 同席した泉田裕彦新潟県知事は「ぜひ頑張っていただきたい。(支援を)余分に欲しいと言っているわけではない。現場で(自由に)使えるようにしていただきたい」と、構想に賛意を示した。
 このほか同担当相は、海外で発生した大災害救援のため警察官や消防職員などを派遣する「国際緊急援助隊」について、「武器を持って行っちゃ駄目だという20年30年前の議論に縛られている。こういったタブーを打ち破って、対策を取ろうとしている」と指摘。治安が不安定な国への派遣には、武器の携帯を検討する必要があるとの認識を示した。 

「小沢チルドレン」首相・幹事長の辞任求める(読売新聞)
死因究明推進法案を了承―自民党合同会議(医療介護CBニュース)
<淀川女性遺体>養父ら3人聴取へ 別の女性も変死(毎日新聞)
<小掛照二さん>東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
<赤ちゃんポスト>設置3年「子にとって虐待」病院側が変化(毎日新聞)
posted by のんだめよしこ at 15:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。