2010年01月13日

米長官、普天間移設「現行案で進展を」=日米外相、同盟深化の協議開始で一致(時事通信)

 【ホノルル時事】岡田克也外相は12日午前(日本時間13日未明)、ハワイでクリントン米国務長官と会談し、幅広い分野での日米の協力強化に向け、同盟深化のための政府間協議を開始させることで一致した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、同長官は会談後の共同記者会見で、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を移設先とする現行計画が「最善の道」だと強調し、「進展を遂げることが重要だ」と早期履行を求めた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

いつでも、元気な警備員です。
しゅうじのブログ
無料ホームページ
現金化
債務整理無料相談
posted by のんだめよしこ at 22:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お鍋のトレンド「締め」に異変 ブームで主役の座奪う勢い(産経新聞)

 オムライス、麻婆(マーボー)丼、鴨汁そば…。実はこれ、お鍋の「締め」メニューの一例だ。内食傾向が追い風となり、鍋料理は味・スタイルともバリエーションが広がっている。それに伴い、締めにも“異変”が起きている。(榊聡美)

  [フォト]秋冬はカレー鍋で “変わり種”続々登場

 ◆和洋中と多彩な味

 手軽にさまざまな味わいの鍋料理が楽しめる鍋つゆは、今シーズンも好調な売れ行きを示す。中でも人気を集めているのが、締めにもこだわった鍋つゆだ。

 ミツカンは、「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズを発売。「和風カレー鍋つゆ」の締めにカレーうどん、「麻婆鍋つゆ」は麻婆丼という具合に、鍋に合う新しい締めメニューを提案する。

 小さな子供のいる家庭を中心に、ブームになっているカゴメの「甘熟トマト鍋」。南欧産の完熟トマトにチキンブイヨンとパルメザンチーズを組み合わせ、まろやかな甘さとコクのあるスープに仕上げている。野菜やウインナーソーセージなど台所にある具材で作れ、野菜がたっぷり取れるのが人気の理由だ。

 こちらの締めは、残ったスープにご飯と卵を加えて作るオムライス。同社には「ふわふわでおいしく作れた」という声が次々と寄せられているという。

 一方、国産の鴨からとった上品な味わいのだしが好評の「鴨だしよせ鍋スープ」(キッコーマン)は鴨汁そばに。

 「ゴマ油でいためたネギを加えると、さらに本格的な味が楽しめます」(同社コーポレートコミュニケーション部)

 ◆ネット発メニュー

 インターネットでもお鍋の締めレシピが注目を集めている。

 紀文が提案するのは「おでんのちカレー」。いつものおでんを味わった後、カレー粉やルウ、そして野菜を加えて“後半戦”へ。最後はうどんで締める。「野菜が少ない」「同じ味で飽きる」といったおでんに対する不満から生まれた食べ方。味の変化が楽しめ、締めのカレーうどんは“おそば屋さんのカレー”のようにだしの効いた味で、評判も上々だとか。

 一方、ミツカンの鍋料理専用サイト「鍋なび」では、締めのコツを紹介したページが、主役のお鍋メニューを上回る人気を誇る。

 「こうしたコツや豆知識のページが上位にくるのは珍しく、締めの楽しみ方への関心の高さがうかがえます」と、ミツカングループ本社広報室の松本裕佳さんは話す。

 ブームが続く蒸し鍋は和風パスタに、すきやきは焼きうどんに変身させるなど7種類のアイデアメニューを紹介している。

 さて、お鍋をご飯と一緒に食べた場合、どうしたらいいか。『あったかおいしい スープごはん』(ポプラ社)の著者で、スープ研究家の東條真千子さんは、こうアドバイスする。

 「残った具材も含めてスープストックにすると便利。豚しゃぶは豚汁に、鶏肉の水炊きはミネストローネになります。海鮮鍋ならクラムチャウダーなど魚介系のスープができます」

 シーズン中、家庭でお鍋を楽しむ回数は平均で20回前後とか。後半は、意外性のある締めで食卓を沸かせてみてはいかがだろうか。

【関連記事】
「鍋」復権 キーワードは“生活防衛”と“家庭回帰”
ヘルシーさの秘密は“とんがり帽子”の鍋蓋にあり
増殖中…リアル肉食女子「ホルモンヌ」
ブーム到来!?「スープごはん」 相次いで商品化 レシピ本出版へ
大人もはまる! クッキングトイ商戦過熱 生キャラメル、パスタ…

ドイツの文化
y83ecgmpのブログ
出会いランキング
クレジットカード現金化 還元率
ショッピング枠現金化
posted by のんだめよしこ at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<島根女子大生遺棄>靴発見現場で拉致か 脱げ落ちた可能性(毎日新聞)

 広島県の山中で島根県立大1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった事件で、平岡さんのものとみられる靴の発見現場で平岡さんが連れ去られた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かった。

 島根・広島両県警の合同捜査本部には当初、靴の汚れが少ないことなどから、発見直前に捨てられた可能性が高いとの有力意見があったが、靴に木が覆いかぶさって雨から保護したことなどが判明。捜査本部は、靴が置かれた時期を特定するのは困難とみている。

 捜査関係者によると、靴は黒っぽいスニーカータイプで、左足用。昨年11月30日、アルバイト先からの帰宅路(約2キロ)沿いで自宅女子寮に近い側道の側溝で見つかった。平岡さんが行方不明になった10月26日の数日後に島根県警が同所を捜索したことや汚れが少ないことなどから、発見直前に置かれたとの見方もあった。

 一方、(1)靴の上に木が覆いかぶさって雨よけとなり、靴の劣化や汚れを防いだ(2)落ち葉を肥料用に集める人がおり、靴の上に積もった落ち葉が取り除かれた可能性がある−−と捜査で判明。平岡さんが連れ去られる際に脱げ落ちた可能性も出てきた。

【関連ニュース】
【写真で見る】島根女子大生遺棄事件
<島根女子大生遺棄>複数の袋で遺体運搬か
<島根女子大生遺棄>プラスチック片は電話帳配布の袋
<島根女子大生遺棄>捜査にプロファイリング 専門家派遣
<島根女子大生遺棄>待ち合わせ形跡なし…遺体発見2カ月

横須賀発掘
ハーフパイプマスター
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
アフィリエイト ホームページ
posted by のんだめよしこ at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。